数多の種類がコレクターを魅了|シルバーアクセサリーを通販で発掘

婦人

トラブルを避ける

女の人

ピアスの穴をあける方法

ピアスの穴をあけるにはセルフで行う方法と専門のクリニックで行う方法とがあげられます。どちらの場合も行うことは同じなのですが、やはり自分で穴をあけるのに自信がないという人、穴をあけた後の肌トラブルが不安という人はクリニックでの診療をおすすめします。ただ、クリニックを利用する際はどうしてもその分の料金がかかってしまうため、少しでも費用を抑えたいというのであればセルフで行う方がお得です。というのも、セルフの場合、必要になるのはニードルやピアッサー、消毒液などの基本的な道具だけなので、トータルで見てもそうお金がかかることはないのです。セルフでピアスをあける際、注意しておきたいのがその消毒方法です。ピアスの穴を開ける作業自体はそう難しいことではないのですが、こまめに消毒をしておかないと患部が炎症を起こすこともあるので気を付けましょう。

トラガスの開け方について

トラガスとは耳の穴の横にある少し飛び出た軟骨部分のことです。このトラガス部分にピアスをつけたい場合、耳たぶに穴を開けるよりも多少気を付けておきたい点があります。それはピアッサーではなくニードルを使って穴を開けるということです。というのも、ピアッサーは皮膚を押し付けて一気に穴を開けていくことになるので、うまくいかないと軟骨部分を外して穴を開けてしまう可能性もあるのです。トラガスは特に軟骨部分に穴を開けるのにコツがいるので、より繊細な調節が可能なニードルの使用をおすすめします。ニードルであれば軟骨部分を外す心配もないですし、何より穴の周辺に負担をかけることなくピアスを開けられるので後々に炎症が起こるリスクも多少低くなるのです。トラガスにセルフでピアスを開けるという人は十分に注意しておくといいでしょう。